月別アーカイブ: 2015年11月

試してみた結果・・・

ミネラルファンデーションは何個か持っていてたまに使います。

オンリーミネラルはコンシーラーと併用して上手く丁寧にやらないとカバー力がありません。

肌は軽くていいのですが、毛穴が広がってる自分には余計に肌が汚く見えてしまいます。

テカリも気になります。

しかし、毎日、カバー力のあるメイクばかりだと肌が疲れてしまうので人に会わない時には使えます。

スッピンではもはや外出できない顔なので、ちょっとした外出ならば大丈夫です。

クレンジングなしで、洗顔料だけで落とせるのが一番楽です。

肌も呼吸できるのかミネラルファンデーションは負担が少ないので素肌が綺麗な方にはオススメです。

自分の場合は数種類ファンデーションを用意し、用途に合わせ使い分けます。

陶器肌に仕上げたいならレイチェルワインかエトヴォスがおすすめ。

リキッドタイプで肌に優しい物なら、リペアファンデーションがおすすめです。

カバー力が必要ならミネラルファンデーションはダメなの?!

目指すのは、ナチュラルな肌質のファンデーション

ファンデーション選びは、いつも本当に悩ましいものです。

毎日使う化粧品にも関わらず、未だにベストなファンデーションには出会えていません。まあまあ満足、という域から脱却したいは山々なのですが…。
目指すのは、仕上がりがナチュラルテイストな肌質のファンデーション。
厚ぼったい、いかにも塗ってます!というファンデーションは、老けた印象を与えます。その為、パウダリーファンデーションを長年薄付きで使用してしましたが、悲しいかな年齢と共にファンデーションの伸びが悪くなり、肌の状態に比べてカバー力が劣るように思えてきました。

やっぱりその理由としては肌表面が乾燥していること。ざらつきがあると当然ファンデーションは伸びませんし、特にパウダーファンデーションなどはカサカサと粉をふいたようになってしまうんです。
その為、伸びの良いリキッドファンデーションに切り変えたところ、今度はどうにも以前に比べて厚塗りになってしまいます。その上、メイク直しでさらに上塗りすると余計に厚ぼっく見えてしまう為、化粧直しにはおしろいを使っていますが、それだとどうにもカバー力が足りないように思えるのです。

悲しい!塗れば塗るほど肌のあらが見えるし、毛穴落ちもヒドイ。

ほんと、ファンデーションの悩みは大きいんです。
肌乗りの良いパウダリーファンデーション、もしくは、限りなく薄く伸ばせるサラッとしたリキッドファンデーションに巡り合いたいものです。

カバー力があって伸びがいいファンデーション